竹畑炭・竹鉢炭– 大地が蘇る –

竹炭で夢の大地が蘇る

竹炭の成分組成から見た土壌改良資材としての特徴

引用:J-STAGE

竹炭の特徴

竹炭には無数の孔があり、1gでその比表面積は700㎡あるといわれています。これはなんと!木炭の約3倍の数値です。

この無数の孔が空気中の湿気を吸収するだけでなく、有害な化学物質や悪臭、アンモニア臭などを吸着します。

土壌では土の中の通気性をよくして、水中では塩素やトリハロメタンなどの化学物質を吸着します。

また、カビ・害虫・菌病の抑制やミネラル放出など有益な作用を多く持ち、作物の健全成育だけでなく、ニオイやハエの発生を抑えた高品質な肥料です。

林野庁ホームページ:林政部経営課特用林産対策室)
農業における土壌の透水性、保肥性、肥効性の改良、土壌微生物相の活性化などの効果が期待され、幅広く木炭が活用されるようになりました。地力増進法(昭和59年法第34号)の政令で木炭は土壌改良資材として指定されています。

\フカフカの土に戻して収穫UP/

土壌改良に竹畑炭を活用して、微生物が心地よい環境にしませんか?

竹畑炭(たけはたずみ)
0~15mm径 田畑・果樹等に
1kg 800円
5kg 3,000円

100㎡あたり畑作で30kg、水田で10kgを目安に施用し耕起して下さい


竹鉢炭(たけはちずみ)
15~30mm径 園芸・盆栽等に
1kg 800円
5kg 3,000円

植物の周りや土の上に適量をまいて下さい